転職者の心得

 転職する人を応援するのは当然のことですが、スピリチュアル的には望ましくない転職もあることを指摘しなければなりません。まず転職者は自分自身に「精一杯頑張った末の結論であるのか」と問わなければなりません。やり切ったと断言できる人は、そのまま気持ちよく転職して構いませんが、どこかにやり残しがあると思い当たる人は、危険な転職になることを覚悟する必要があります。というのも、仕事はお金を稼ぐためだけに存在するわけではないからです。どの世界でも人間関係は常に良好とは限りませんし、自分に適した役割を担えるとは限りません。仕事は自分にとって好ましくない状況下でも、一つのことに打ち込むことが出来る人を祝福します。その祝福を得られないまま退職してしまえば、新しい職場でも負のエネルギーが舞い込んでしまうでしょう。
新しい職場では、自分にとっての障害がこれまでと性質の異なるものになる可能性があります。しかもその障害の程度が高まることも考えられます。前の職場から逃避したからといって、根本的に問題が解決するわけではありません。根本的な問題は、与えられた役割を担い続けることのできない自分自身の内面にあるのです。ですから転職すると決まった以上は、ネガティブなエネルギーを持ち込まないように取り計らうことが大切です。例えば転職理由を重々しいものにすべきではありません。「何となく面白そうだから」「他にやりたいことがある」といったシンプルな理由の方が成功を導きます。また前の会社の悪口は控えた方が良いでしょう。仲の良かった同僚に祝福してもらえるような環境下で転職することが理想的です。もしあなたの足を引っ張ろうとする元同僚がいたとしても、感情的に報復する必要はありません。できるだけ負のエネルギーと関わらないようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です