ホロトロピック・ブレスワーク

ホロトロピック・ブレスワークは、ボディワークとの相乗効果で良い効果を引き出すセラピーです。トランスパーソナル・セラピーの代表的なもので、心身に良い影響を与える呼吸法として知られているそうです。このセラピーは、横になりながら深く速い呼吸を行うことで、深い意識状態の自分を発見することができ、生命力が活性化するそうです。ホロトロピックは「全体を含む」といった意味があるそうで、無意識下での活性化が期待されるそうです。自然治癒力が引きだされると言われており、ホロトロピック・ブレスワークが行われるのは、自然が豊かな場所であることも多いそうです。

ホロトロピック・ブレスワークのセッションは普通、複数人で行われるそうです。片方がワークをしている時に、もう片方の人がサポートをするというのが一般的と言われています。時間は、午前中から深夜までかかることもあるそうです。血液中の酸素などの量にも良い影響を与えると言われており、脳にも何かしらの良い効果があると考えられています。

ホロトロピック・ブレスワークに参加して無意識化に触れることで、3種類のレベルごとの体験があるそうです。ひとつは、「自分の意識していなかった無意識に気付かされる」ということです。例えばトラウマだったことを思い出すこともあるので、苦痛を伴う場合もあるそうです。次に、胎児だった頃の記憶や、胎内にいた頃の肉体的な痛みを思い出すというパターンです。もう一つは、宇宙的なエネルギーを感じたり、前世を体験できたり、幽体離脱ができる、トランスパーソナルな領域での体験です。これらのワークを続けることで効果が出ることもあれば、はじめから体験できる場合もあるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です